尿路結石の症状と【効果的な予防方法】を徹底解説!

尿路結石は、尿が作られて体外へ出る経路である腎臓や尿管、尿道や膀胱などの部位に石ができる症状のことで、できる場所によって呼び名が変わることもあります。

 

尿路結石の症状と痛み

症状としては、背中やわき腹などの激痛が走ったり血尿が出ることがありますが、痛みの程度としては出産をするときの痛さと表現されることがあります。

 

それは女性であれば経験としてわかる人もいますが、男性に患者が多いことから想像できない場合には今までの、そしてこの先の人生で最大の痛みだと考えてもよいでしょう。

 

結石が腎臓内にとどまっているのであればあまり自覚症状はないとされていますが、それが腎臓を超えて尿管や尿道などに移動しとどまるととどまった部位の腰や背中などに激痛が走るといわれています。

 

痛みはずっと続くのではなく一時的に収まったりまた激痛が走ったりと繰り返すことが多く、痛みがある場合には吐き気や嘔吐などの症状が出ることもあるとされています。

 

また、膀胱や尿道の境界線に結石がとどまった場合や膀胱かあるいは下部尿管に存在していると排尿が困難になったり頻尿や残尿感などの症状が現れることもがあるとされています。

 

尿路結石の原因って何?

尿路結石の主な原因は、食生活です。

 

過食や偏食などが原因で、尿路結石も生活習慣病に分類されているほどです。

 

特に、プリン体を多く含んでいるものを食べすぎると、尿路結石になりやすいです。

 

例えば、レバーや、魚の干物、アルコール、清涼飲料水などでうsね。

 

また、近年では、食生活だけではなくて、ストレスが原因だったりすることもありますし、親の体質遺伝で尿管結石になりやすい人もいます。

 

尿路結石の予防方法

では、尿路結石を予防する方法はあるのでしょうか。

 

まずは、水や麦茶、お茶など一日2リットルの水分補給することを心がけることが良いとされています。

 

ただ、アルコールが利尿作用があるので良いと考えがちですが、返って体を脱水にして水分不足を招きやすいのと尿酸の濃度を高めることで尿路結石なりやすいので水やお茶を飲むようにしましょう。

 

そのほかに、尿のpHが賛成の傾向にある人ほど尿路結石になりやすいとされているため、酸性の尿に傾けるために野菜中心の食生活が良いとされています。

 

加えて、結石の原因となる腎臓内のオステオポンチンという物質活発化を防ぐためにバナナや青魚、ブルーベリーや大豆など抗酸化作用のある食べ物を摂取するのもおすすめです。

 

カルシウムは、一昔前までは欠席を助長するとされていましたが研究によって結石の元を作るシュウ酸を尿の中に破折しにくくする作用があるので、カルシウムを摂取することも良い予防法となります。

 

マグネシウムやクエン酸などの尿中でカルシウムが結晶化するのを防ぐとされていますので積極的に摂取していくのが望ましいでしょう。

 

日頃の生活の中で尿路結石を予防する方法は様々ありますので、まずは自分のできることから試してみてはいかがでしょうか。"